宮内ひでき

職業
国会議員
所属
衆議院
選出
福岡県
宮内ひでき

ブログ

秘書

衆議院秘書協議会発足50周年を記念し「秘書の風景」という本を出版することになり、議員秘書を経験した自民党の国会議員を代表して、寄稿させて頂くことになりました。


秘書協議会とは、秘書の待遇の改善のみならず、多くの方もお越しになる議員会館の制度改善など、様々なことを協議する組織で、私も秘書時代には秘書協議会の副会長でありました。


今回は、本に寄稿した箇所を以下に掲載させて頂きますので、是非ご一読くださ
い。

私は、大学生の時分から出身地である愛媛松山から選出されていた塩崎潤先生の議員会館の事務所へ出入りするようになった。

きっかけは親戚の叔父貴からの進言であった。

国会見学の手伝いをしたり、ハガキに宛名書きをしたり、党本部の部会に行っているうちになんとなく楽しくなったり、政治に興味深くなったりし、知らず知らずのうちに塩崎事務所のファミリーの一員となってしまった。当時はそんな流れで秘書になった仲間は少なからずいた。


 就職活動が上手く行かず悩んでいたそんな時、塩崎先生が外遊帰りに私宛のお土産のネクタイを買ってきてくれて、「宮内、俺の秘書になれ!政治は面白いぞ!」と直接話をもらった。それが私の人生を変えた瞬間であった。

就職試験用写真


 その後、早速「俺の家に住んだらええやないか。」との一言で住み込み書生となったのであった。その後5年間お世話になった。当時、「あんたを秘書なんかにするために育てたんじゃない!」と母が大反対したのを昨日のことのように覚えている。


 若い頃の秘書時代は中選挙区制でもあり、自民党同士のサービス合戦が凄まじく、また上下関係のとても厳しい時代であった。秘書の先輩から激しく怒られたり、運転手さんやお手伝いさんにもよく皮肉られたのを覚えている。選挙の際は、地元へ3か月程片道キップで戦場へ送り込まれた戦士のような気持だった。一方で秘書仲間は大変仲が良く、お互い相哀れんだり助け合って生涯の友もたくさん出来たし、なんと私の妻も元秘書である。

電話を持ちながらカメラ目線の秘書時代


 今思えば、あの徒弟制度のような環境で理不尽なことに直面しても我慢をしたり、「頑張ろう」と謙虚な勇気を持ってやれた経験が私の人生の基本となって、現在も元気に頑張っていけていると心からそう思っている。


私の秘書生活は通算で約25年程である。

あっという間であったが、今は議員会館も新しく立派になり、昔の会館が思い出せないくらいに景色も空気も変わったように感じる。私は現在の新会館建設の際には、秘書協の新議員会館建設副委員長として秘書の要望の取りまとめをさせてもらった。


少し残念なのは、昔の会館は長屋のような風情があり、まさにお醤油を貸したり借りたりするなどの近所付き合いが頻繁で、会館全体にもっと情が通っていたように思う。扉を開けっ放しで、大きな声で笑ったり怒ったりしていた。年寄りのような言い分だけれど、政治全体にも社会全体にも、人と人との関係性において少し温もりが無くなっている気がしてならない。


 さて、そもそも国会議員の秘書は、私設と公設という社会的保障や立場が大きく違う存在が一緒に同じように仕事をしているという、本当に中途半端な制度の下に長年ある。落選したら即給与が無くなる現実の中で不安定極まりない職業である。


かろうじて3人の公設秘書は給与制度や年金制度が保障されているが、私が秘書協議会の副会長をしていた平成16年当時、衆議院の議院運営委員会において、3人分の秘書給与を一括で議員に支給し、議員の裁量権で秘書の給与額が決定できる制度(いわゆる秘書給与のプール制)に変更すべきとの提案が議員側からなされたことがあった。

議員にとっては都合が良い制度かもしれないが、当時秘書協において、「こんなに秘書という職業や立場をバカにした制度への変更は絶対許さない」と誓い合い、与野党の秘書が力を合わせて、賛成する議員と断固として戦ったことがあった。さすがに当時の武部勤議運委員長の我々に対する理解と英断で、現在の秘書制度を守ることが出来たことがあった。


 国会議員の秘書は、国政を担う大事な作業の重要な部分で貢献していると思っている。支援者や業界団体との大切なコミュニケーションの橋渡しや、官僚やマスコミとの調整。また、地元の地方公共団体からの要望の実現等々、まさに国会と社会を繋ぐ重要なメッセンジャーの役割を果たす価値ある存在である。

その秘書の社会的地位を上げることは重要であり、 “なりたい職業”として優秀な人材がどんどん入ってくるような制度にしていくことが必要だと思う。このことは、日本の政治全体にとっても大変大事な事だと、代議士になった今も痛切に感じている。


思い起こすと、塩崎潤先生が引退を決意し、最後の本会議が終わって我々スタッフに涙を流しながら感謝の話をしてくれた姿や、初当選した瞬間の選挙事務所の興奮した盛り上がりの高揚感、落選した時の経験したことのなかった脱力感や、追い立てられるようにして引き払った議員会館での引っ越し作業等、たくさんの忘れることの出来ない決定的な究極の経験は、私の大切な財産になっている。

安倍総理は凄かった

首相公邸にて、安倍総理とツーショット

安倍総理の突然の辞任は予想外であり、驚きでありました。大変残念でありますが、約7年半に及ぶ激務、本当にご苦労様でした。

思い起こすと野党だった安倍総裁の下での平成24年12月の総選挙で私は初当選致しました。直後の初めての本会議場での首班指名選挙の際のあの興奮と、これからの日本を思うやる気満々の安倍総理の輝く姿は忘れられません。

政権を奪還したあのエネルギーがアベノミクスや安全保障関連法案など数多くの難題に結果を出し、まさに安定した政治状況を長期にわたりつくり出したのだと思います。

安倍総理と、秘書時代お世話になった塩崎恭久元厚生労働大臣と。

安倍総理の政権運営は戦略的であり、理想の方向性を定めながら現実的に結果を出す仕事を一つ一つ行ったと思います。2度の消費税の引き上げやTPP協定締結。世界の中でリーダーシップを取ってきた積極外交。オリンピックの日本開催等々、政治に力が無いと成し遂げられなかった、国家にとって極めて重要な決定を出すことが出来た稀な政権だったと言えると思います。

はっきりとした方向性を示し、率直に語り勢いを持って取り組む政治。目的達成の為のスケジュールを明確にし具体的に手続きを進める政治。改革マインドを持って変えてゆくことに果敢に挑戦する政治。強いリーダーシップで政治主導で結果を出す政治。安倍総理が実践された数々の足跡が消えることなく歴史に刻まれることだと思います。近くで拝見しながら政治家として勉強させて頂きました。

ありがとうございました。そして本当にお疲れ様でした。

高校球児よ頑張れ


自民党が発行している「自由民主新聞」の一面に、
国会議員が感じたことや思ったことを記事にする「我思う」というコーナーがあります。


党では新聞出版局長代理の役職ということもあり、今回高校球児に関する記事を書かせて頂きましたので、紹介致します。


コロナ禍の下、とうとう高校野球甲子園大会まで中止になってしまった。高校生の悔しくて残念な気持ちを押し殺し、胸を張って複雑な思いを伝える姿のニュースに涙が出る。彼らは何も悪くないのに、本当に可哀想だ。



私は約40年前、高校野球選手で甲子園を目指し1年中練習に励んだ。まさにこの6月という季節は、個人ノックを受け身体はクタクタながら大会が近づく緊張感の日々であった。



県大会では3試合勝利したが、準々決勝でサードを守っていた私の暴投により、チームの甲子園の夢は潰えた。あのエラーの場面は鮮明に覚えている。



悔んだり反省したり落ち込んだりと、頭の中を巡る思いをずっと持ちながら成長してきたように思う。あの経験が、私の血となり肉となっている。



そもそも、甲子園に出場出来る選手は一握りである。ほとんどの選手は敗北し、そのことが素晴らしい経験となり大きく成長してゆく。各県での代替大会では、純粋で懸命な若者達に悔いのない青春の1ページを作ってもらいたい。


Movie随時更新 ミヤウチューブ

 

9月12日に収録しました。 9月14日の総裁選にあたっての宮内の心境と期待を語っています。

新しい国の体制が新しい国の体制が決まろうとしています。是非ご覧ください。

 

主な内容

・3候補との個人的なエピソード

・新総裁に期待すること

・だれに投票しますか?

 

一番上へ戻る