宮内ひでき

職業
国会議員
所属
衆議院
選出
福岡県
宮内ひでき

ブログ

数多くの農業の取組みを直に訪ね、関係者とたくさん話をして来ました


昨年9月に農林水産副大臣を拝命してはや1年が経ちました。農林水産省は、非常事態であっても緊急事態であっても国民の1日3食の食料を食卓に届けなければいけない責任があります。この一年を通じて国民への食料の安定した供給については、その重要性を強く認識させられ、さまざまな角度での施策の必要性を痛感しました。


また、日本は国土の面積が狭い中で、季節・気候が大きく違う地域が点在しており、それぞれの事情を考慮した上でさまざまな農業が行われております。それぞれの状況に応じた農業を進めていくためには、地域毎に独自に工夫をし、努力して頂かなければいけません。そしてそれを力強く進めていくためには、きめの細かい支援メニューを政府が用意する必要があります。まさに、国民への安定した食料の提供のためであります。


それぞれの農村は長い年月をかけてさまざまな努力を積み上げ、安全で美味しい食材を作り、多くの消費者に提供して来ました。そこでこの夏は、全国のあらゆる場所で頑張っている地域を視察し、今後の政策づくりに反映したいと思い、各所を訪ねて参りました。大いに参考となり、有意義なものでありました。


2021.07.12-13 北海道農業の視察

7月12、13日に、北海道の農林水産業の視察に行ってきました。

また、家具のニトリが余市町で運営している広大な観光果樹園にも伺いました。ニトリの経営ノウハウも活用し、15haの農園にサクランボやブルーベリーなどが植えられ、年間3万5千人以上の来場者が訪れます。農業と観光が融合して地域振興に貢献されている優良事例でありました。

定温施設

ドローンによる水稲防除

観光農園

観光農園
ブルーベリー選果場


2021.07.14 群馬県川場村視察

7月14日に、群馬県川場村の農村活性化の取組の視察に行ってきました。

人口3千人余りの川場村に年間200万人の観光客が訪れます。ファーマーズマーケット(道の駅)では、展示にも工夫を凝らすとともに、季節ごとの価格情報などを農家に提供することで、トウモロコシだけで年間700万円以上売り上げる農家を生み出すなど、高い収益を創出しています。

地場産の農産物や牛乳を使った加工品もパッケージや品質にもこだわり抜いて高い付加価値をつけています。(これは東京でも大人気です)また、売り切ることも難しかった地場産米「雪ほだか」のブランド化に成功し、現在では1俵22,000円で販売されています。それから、山を荒らす竹の有効活用に向け、東京農大と提携して、竹を発酵させた育苗用土の開発にも取り組まれていました。

ファーマーズマーケット
ファーマーズマーケット

「雪ほだか」のカントリー

育苗用土開発

2021.07.15 群馬県食肉卸売市場視察

7月15日には、群馬県玉村町にある食肉卸市場を視察してきました。

ここでは、牛や豚のと畜、加工、セリまでが行われています。と畜の現場も見ましたが、我々は生き物の命をいただいているという事実を改めて実感しました。また、当該施設は海外輸出に対応した高い衛生基準をクリアし、ここを通じて米国やEUにも牛肉が輸出されています。

施設は職人の手作業による高い技術によって支えられていますが、高齢化や人手不足による技術の継承が課題となっており、人材育成や省力化技術が導入された施設へ、国がリードして更新していくことが必要だと感じました。

セリ直前の牛肉

2021.07.21 奈良県視察

7月21日に、奈良県の農林水産業を視察してきました。


奈良県では、木材利用の拡大に向けて都市部と山間部の自治体が連携して、森林環境税の有効活用について議論する先駆的な取り組みが行われています。現在、輸入木材価格が高騰するウッドショックが問題となっていますが、意見交換の場ではウッドショックを国産材活用のチャンスに変えていきたいという、前向きな発言も出ました。農林水産省も、こうした取り組みを支援し、国産材活用を推進してまいります。

また、天川村では、村主導による廃校を利用したふぐ養殖の取組を視察してきました。海のない奈良県の山間部でふぐを育てるという話題性によって、観光事業との相乗効果を狙おうという、大変ユニークかつ大胆な取り組みです。そして、治山事業の現場も見てきました。平成23年の豪雨災害の復旧事業であり、長い時間をかけて復旧を続ける中で技術の蓄積も進んでいます。近年多発する豪雨災害にも万全の備えを行ってまいります。

最後に田原本町で脱サラして農業に飛び込まれたイチゴ農家の方と意見交換を行いました。意欲ある新規就農者が農地の貸し手が見つからず苦労されているという話を聞きました。農林水産省でも、将来の農地の在り方について検討を進めている所であります。

木材の川上と川下の方々との勉強会
木材の川上と川下の方々との勉強会
山間部でのふぐの養殖
災害復旧

新規イチゴ就農者と

2021.08.2‐3 愛媛県視察

8月2、3日に、愛媛県の農林水産業を視察してきました。

中村愛媛県知事との意見交換では、西日本豪雨からの復旧の取組、真珠の母貝であるアコヤガイのへい死、柑橘類の輸出などについて意見交換を行いました。

松山市の災害復旧の現場では、復旧をチャンスと捉えて、急傾斜地をなだらかにすることで作業性の向上を図るとともに、収益性の高い品種への改植を進めるなど、将来を見据えた復旧事業が行われていました。

久万高原町の林業研究センターでは、CLT(木材を組み合わせた高強度の板で、利用拡大が期待される)の研究施設や、新規就業者向けの研修施設を視察しました。また、危険の高い伐採技術を習得するための、バーチャル研修も体験させてもらいました。


宇和島市の水産物卸売市場では、コロナによりタイやアマダイなどが影響を受けていることや、給食や姉妹都市などと連携した消費拡大の取組について伺いました。また、市場は改修を契機に機械導入による省力化が進み、漁業者の意欲向上につながるとともに、遠方から荷が集まるなどの相乗効果が出ているという話も伺いました。


また、同市のみかん研究所では、農家の所得向上を支える新品種開発の取組について伺いました。新品種では慣行品種の倍以上の収益が得られています。

知事との懇談
農地の復旧現場
CLT研究施設
バーチャル研修
新しい水産物卸売市場
みかんの新品種開発


2021.08.4 兵庫県視察

8月4日に、兵庫県の農地利用の推進の取組を視察してきました。


兵庫県で担い手・農地対策を一元的に進めるために農地バンクと農業会議所を統合して立ち上げられた、「ひょうご農林機構」と意見交換を行いました。


ここでは、地域全体の農地を、営農を継続する人の分も含めて一度バンクが借り上げ、改めて農業者に貸し付けるという取組を進めています。この取組によって、営農をやめた際には速やかに後継者を張り付けることができ、担い手への集積や耕作放棄地発生の防止に役立っている優れた事例です。


また、淡路市では、市や土地改良区が農地を集積し、公募をかけて内外の企業に貸し付ける取り組みが進められています。建設業から参入された企業では、農業収入が本業の収入を上回ったという話も伺いました。担い手対策として、企業参入も重要な選択肢の一つだと思いました。



ひょうご農林機構との意見交換
酒米「山田錦」の農地再編
農業への企業参入(野菜づくり)
企業参入にてオリーブ栽培


2021.08.5 鹿児島県視察

8月5日に、鹿児島県さつま町、薩摩川内市、伊佐市の豪雨災害の現場を視察してきました。


河川の決壊や、道路の崩落などにより、農地やハウス、鳥獣被害対策の侵入防止策などが被害を受けていました。前年の災害で被害を受けた個所と同じ個所が被害を受けている事例もあり、改良復旧などの先を見据えた復旧事業の要望がありました。また、国土交通省の管轄と入り組んでおり、政府一体となった対策を進めていく必要を痛感しました。

鹿児島県知事との懇談

ビニールハウスの被災現場

河川決壊現場


2021.08.6 成田市場視察

8月6日に、千葉県の成田市場を視察してきました。

成田市場は、耐震工事の必要性や老朽化を背景に、輸出手続きができる新たな拠点として整備が進められています。


コールドチェーンが整備され、活魚水槽エリアや輸出専用棟なども整備予定であり、輸出拡大の拠点として期待しています。また、展望デッキや、集客エリアの整備などの新たな試みも行われており、そうした観光拠点としての機能についても注目しています。


建設中の成田市場
建設中の成田市場
建設中の成田市場

JAむなかた パッケージセンター集出荷貯蔵施設 視察

昨日、JAむなかたのパッケージセンターの視察に行って参りました。この施設では、この時期は主に苺を地元の農家から集荷してサイズや形によって選別し、パック詰めして出荷する作業が行われておりました。JAむなかたが販売力の向上の為に2020年より本格稼働させている施設であり、私も開設までに様々なサポートをさせて頂きましたので、今後の事業展開に大変期待をしております。

センター外観。JAむなかた横のグラウンドに建てられました

農作物を作り出荷するまでの過程では、パック詰めの作業に想像以上に多くの労力と時間がかかります。特に苺はその傾向が強く、パック詰めから出荷までの工程をここで請け負う事により、生産者の皆さんには栽培・生産に専念してもらい、品質や収量の向上を目指そうというものです。

集められた苺が手作業で分別されてゆきます。施設では約80名の方々が作業を行っており、雇用創出という意味でも貢献しています
苺の箱が山積みですが、最盛期はこの程度ではないそうです
施設内は農作物の品質保持のため低温に保たれていています。宗像市の協力も得て、新型コロナ対策も万全です

苺は売値が安定して高めで、ふるさと納税の返礼品としても大変な人気があります。JAむなかたとしては、この施設によって更なる品質向上と生産拡大を進めると共に、新たな販路拡大や加工品への取り組みなどで更に付加価値を高めていこうと、意欲的に取り組んでいました。また、苺のシーズン以外でも活用できるよう研究を進めて、1年を通して様々な農産物を扱ってゆきたいとの意欲が満々であります。

ちょうど生産者さんが納品にいらっしゃいました

消費者には良質な地元産の農作物が手に入り、生産者の皆さんの経営も安定し経済的に潤っていく。その様な好循環がどんどん生まれていくよう期待し、私も全面バックアップしたゆきたいと思っています。

地元企業への視察の夏

最近は地元の企業に視察に伺って勉強させていただいております。
先日伺ってまいりました視察先のレポートです。

■筑豊製作所 様

地元、新宮町にある優良企業であります筑豊製作所を視察させて頂きました。
 
エンジンやクレーンなど様々な工業機械の製作・販売・メンテナンスを手掛けており、特にエンジン製品のメンテナンス技術と設備は他の追随を許さないレベルの高さを誇る全国規模の技術を持った地元企業であります。

 
小さい部品のような製品から大きい重機に至るまで数多い商材を全国各地のお客様のニーズに丁寧に対応しています。


小さい部品のような製品から大きい重機に至るまで数多い商材を全国各地のお客様のニーズに丁寧に対応されています。

働く環境つくりで興味深かったのは、作業服の洗濯と風呂・シャワー室を完備し、家には仕事場の油を一切持ち帰らせないとし、3Kのイメージを軽減する設備を整えております。
 
特に人材育成のため技術資格取得を推進し、積極的にスキルアップに努めておられます。人を大切に育てる取り組みは会社の伝統的に引継ぎされている考え方にあると思いました。やはり人材こそが企業の命なのでしょう。
  

■九州ペットフード 様


同じ新宮町には他にもたくさんの企業があり、犬や猫などペットのおやつ(主食ではない)の製造・販売を手掛けている全国でも10本の指に入る地元企業である九州ペットフード㈱にも訪ねさせてもらいました。
 


製造では、焼き上げなどの過程で水分量のコントロールをし、様々な食感の数多くの商品を作り出しています。
 
またペットフードとはいえヒトの食べ物同様に徹底した品質検査や衛生管理に技術と設備を投入していて、お客様からの質問やクレーム対応に万全を期している経営姿勢には本当に驚かされました。また社員教育にも力を入れていて、訪問者に対してのおもてなしの心は素晴らしいものでした。
 
本年、台湾での販売の許可がおり、社長からは新しい市場で積極的に開拓したいとの力強い話しがありました。


製造では、焼き上げなどの過程で水分量のコントロールをし、様々な食感の数多くの商品を作り出しています。
 
またペットフードとはいえヒトの食べ物同様に徹底した品質検査や衛生管理に技術と設備を投入していて、お客様からの質問やクレーム対応に万全を期している経営姿勢には本当に驚かされました。また社員教育にも力を入れていて、訪問者に対してのおもてなしの心は素晴らしいものでした。
 
本年、台湾での販売の許可がおり、社長からは新しい市場で積極的に開拓したいとの力強い話しがありました。

■くまや蒲鉾 様

つづいて、古賀市の「くまや蒲鉾」さんを視察させていただきました。


“蒲鉾”と言っても、いわゆるカマボコだけでなく、「さつま揚げ」や「じゃこ天」などのいわゆる“練り物”を全般的に製造販売されており、50年の長きにわたる老舗であります。
 
くまや蒲鉾さんではここ10年来、技能実習生の受け入れに取り組んでおられます。
 
宿舎を用意し技能実習生の皆さんがスムーズに日本の生活に慣れていくよう工夫されており、重要で必要な人材としてトレーニングし、生活面のケアをしている取り組み等のお話は大変興味深いものでありました。
 
実際に、工場で働いている現在の技能実習生は、以前に働いていた先輩技能実習生から口コミで評判を聞いてやって来た方々だそうです。
 
古賀市は市内に工場を多く抱え、海外からの受け入れを行っている企業も多くあります。今後、街の多国籍化がますます進む中で、現場の声をしっかり聞きながら政策に反映させていかねばならないと、改めて思いました。

アジア大会の視察のためインドネシアに行ってきました。

8月18日から5日間、この夏2度目の海外視察でインドネシアに行って参りました。

 

東京オリンピックの参考としての視察

今回の目的は2020東京オリンピックの成功に向けた準備としてのアジア大会の現場見学です。

 

遠藤利明東京オリンピック組織委員会会長代行をリーダーに総勢6人の議員チームで、開会式をはじめ日本チームの競技の応援や選手村にて選手達が食べている食事を食べさせて頂く等、オリンピックを楽しみに来たお客さんの立場や、一方選手の立場に立った運営やサービスの仕方について客観的に勉強して参りました。

 

大会の熱気と運営の混乱に直面

現地インドネシア・ジャカルタでは街中に旗や垂れ幕がたくさん張られ、大変盛り上がっておりましたが、開会10日前にチケットのシステムが故障し観客はチケットの入手が大混乱! 

 

当日券を買って競技を観戦しようと会場に行けばチケット売り場がパニック状態でありました。入場まで大混雑の中、約1時間30分かけてやっと会場エリアに入ることが出来たという具合でありました。

 

その間、会場関係者からは何の説明もお詫びも一切ありません。汗だくになってやっと辿り着いた状況でした。東京オリンピックでは同じようなことが絶対に絶対にあってはならないと痛感致しました。

 

チケットの販売方法や観客の方々の会場への入場や交通機関のわかりやすい案内等、お客さんの立場に立った準備が本当に大切です。最もインドネシアに住んでいる方々の話では「こんなことは日常茶飯事でこの程度のことに腹を立てては身が持ちませんヨ」との事。インドネシアが特別なのかも・・・。

 

大活躍の日本選手団

競技は、女子バスケット・女子ホッケー・水泳の3種目の応援が出来ました。国際大会では、直接目の前でジャパンのチームを心から応援するのが醍醐味です。

 

日の丸の手旗を振ってシュートが入る度に、またゴールする度に歓声を上げて立ち上がり喜びました。水泳の決勝では各種目とも日本と中国のトップ争いです。日本は後半3種目連続で金メダルを獲得することが出来ました。特に最後の女子400mリレーでは僅かな差で中国を抑えゴールし、日本の応援団は大盛り上がりです。池江璃花子選手のお母さんも大喜び。一緒になって応援しました。

 

スポーツの持っている魅力は凄い! 観ている人を感動させ興奮させ涙させる力があります。

 

そして相手を思いやる気持ちにもさせてくれます。まさに、究極の世界平和の追求であると思います。特に56年ぶりの東京でのオリンピック・パラリンピックであります。世界の多くの方々が日本を訪れ、注目し、日本という国と国民に興味を持ち感じてもらう特別な機会であります。愛情を持ってサービス精神とおもてなしの心で世界の人々を迎えるための具体的な準備が必要であると、改めて再認識を致しました。

 

注目される場所では国の代表としての自覚も問われる

しかし、今回のアジア大会では大きなショッキングな出来事もありました。バスケットの男子選手達が大会中にあってはいけないトラブルを起こしてしまいました。

 

スポーツ選手たちが何のためにスポーツをやっているのか疑うような、まさに自覚の無さがあらわになってしまいました。スポーツを通じて誠実で潔い人材を養成し、スポーツを通して人間社会を勉強し、社会に貢献する人間づくりの場がスポーツであります。

 

国民の夢を背負って国際大会に出場している自覚を持てないようなら、国民も応援してくれません。公金で出場しているということの認識さえ出来ないようなスポーツ界であってはいけないし、スポーツの指導者及び選手には、まさにインティグリティの重要性を学び、こんな事が決して2度と起こらないようにしてほしいと強く強く思いました。

 

2020への思いを強くした視察

いずれにしても、東京オリンピック・パラリンピックを契機に日本が光り輝く国として世界から評価を受け、スポーツが国民に与えるパワーをどんどん引き出してゆけるような政策づくりに励みたいと、改めて思ったアジア大会視察でありました。

ミャンマー、タイの視察をしてきました

7月23日より、4年ぶりにミャンマーを訪問し、日本の社会インフラを中心とする支援事業の現状を視察して参りました。

 

以前訪ねた際は、事業をスタートする直前で、まさに何もない状態でしたヤンゴン南部のティラワ地区の「SEZ(工業団地プロジェクト)」と隣接する「ティラワ港」の整備が、現在どのくらい進んでいるのかが興味深く、この目で確
かめてみたいと思ったのが訪問の動機でありました。

 

1本道を抜けると劇的な変化が

ヤンゴン空港からティラワまでは抜け道のない一本道で、4年前にも増して大渋滞でありました。

 

2時間以上かけ到着したSEZは、すでにその広大な土地に多くの工場が立地され、造成された88区画の内79社は契約をし、味の素やワコールやスズキ等多くの日本の企業がここで操業を開始していました。(内、日本の企業は45社)私は驚きとともに、この変化の実態に「多くの関係者の汗と努力と信念により、力強くそしてスピーディーに進めて来られたんだろう」と感動さえ覚えました。

 

ミャンマーの発展に欠かせない日本の力を実感

これらの企業は、この工業団地で製品をつくり、第3国へ輸出する企業が多いだろうと思われていたにも拘らず、その内の60%の企業は、ミャンマーの国内市場向けの実態になっているようであり、発展するミャンマー社会の今後の市場としての可能性に増々着目度が上がると思われます。

 

既に隣接地に、第2期の造成が始まっており、新しく8社の契約が決定しているようです。また、その工業団地からすぐそばに整備中の、ティラワ港も工事が終盤を迎えておりました。

 

この港は、日本のODAで建設中でありますが、来年早々には開港ということで、未来のミャンマーの発展に向けて、大きなエネルギーとなる両プロジェクトであると確信致しました。日本の国際貢献はまさに的を得たものであります。

 

また、30年以上も前から進出し、歯を食いしばって存続させながら、現地企業と組んで法人を設立し、鉄鋼製品をつくっているJFEの工場を訪ねて来ました。生産工程に、ミャンマー人を大勢使っての現場は、真面目な人材をしっかりトレーニングしながら作り上げてきたもので、まさに日本の技術や経験がミャンマー社会に根付いた力強いものとして、今後の成長・発展を予感させるものでありました。アジアにおける鉄鋼製品の供給拠点として展開することだろうと思います。

JFEでのミーティングと工場内
 

タイで奮闘するたくさんの日本人と日本企業

次に向かったのはタイであります。タイは15年ぶりの訪問でありますが、こちらも相変わらずの大渋滞であります。

チームジャパンの力で2016開業のメトロパープルライン
 

走っている車は、ほぼ日本製。在住日本人は約7万人。至るところに日本の企業や製品のカンバンが大きくそびえ立っているのが見えます。日本との友好国として親しみを強く感じるものがある国です。

 

ここでは、日本企業であります積水ハウスが、現地に大規模な工場を造り、タイの富裕層向けに販売を始めております。まさに新しく一から生産・販売を手掛けており、その現場工場を訪ね、販売しているモデルルームを見学させてもらい、関係者の熱意ある話をうかがって参りました。

 

日本の技術や素材を使い、見栄っ張りなタイ人の心をつかみ、新しい市場をつくるという試みは、充分、希望の持てものとして感じられ、3年後にはどれだけ展開しているか楽しみであります。必ずや成功してもらいたいと強く思いました。

積水ハウスでの会議風景とモデルルーム
 

ダイナミックな拠点港に驚嘆

また、タイの拠点港湾であり、タイの一番の物流港であります「レムチャバン港」も観て参りました。

 

ここでも日本の丸紅と上組によるターミナルにおける荷役運搬を行っているエリアもあり、ここでも日本企業が活躍しております。

 

まずは規模の大きさに驚かされました。新しい岸壁工事の計画も進められており、日本の全ての物流量の約半分がここ一ヶ所のキャパシティーであります。戦略的な物流拠点であるレムチャバン港はますます扱い量を増やしており、その周辺にも広大な土地がふんだんにあり生産拠点としてのタイの潜在力を感じました。

 

残念ながらタイは現在、政治が不安定で、軍事政権の下、具体的な政策が取りにくい状況でありますが、日本とタイは長期的に見ても、アジアの地理的優位な利点を活かして充分連携の上、戦略的なパートナーシップを深めることで、両国の繁栄が計ってゆける関係であると思いました。

レムチャバン港視察風景
 

日本の国際貢献の重要度を再確認した視察

日本は特にアジアに対して積極的なアプローチを進めてゆくことによる外交上、安全保障上、また経済活性化においても重要な柱政策であるということを痛感した、ミャンマー・タイでありました。

在タイ大使館の皆さんと

一番上へ戻る