宮内ひでき

職業
国会議員
所属
衆議院
選出
福岡県
宮内ひでき

ブログ

残暑お見舞い申し上げます

今年の夏は暑い!
特に福岡は日本で一番暑いんではないか?とさえ思うほどの猛暑ですネ。

 

異常気象とはもう聞きなれた言葉になりましたが、その原因について本格的に研究、解明しなければ人類にとって取り返しのつかないことになるのではないかと思ったりしています。

 

さて、初当選以来、4年8カ月が経ちますが、現在安倍内閣は最も厳しい世論の下にあります。

 

比較的安定した支持率を維持し力強く政策をすすめてきた政権でありましたが、あっという間に3カ月で支持率が20%下落すると言う、私も想像していなかった深刻な状況に陥っております。

 

「安倍一強で強権的な政治運営になっているのではないか。」「若い議員も含めて緊張感、謙虚さがなくなって傲慢になっているぞ。」等々、政治の姿勢や取り組み方について、国民の批判や反発が東京都議選を契機に吹き出しました。

 

国会でさまざまな政策をしっかりすすめることや外交は政治にとって重要なことでありますが、それだけでは政治は成立しないということを痛感しています。

 

まさに国民にとって信頼出来ない政治と言うことになればこれからは良い政治が出来ないという事であります。政治の原点はやはり国民からの信頼であります。
信頼してもらえるまでの努力は大変ですが、信頼を失うのはあっという間です。

 

しかしながら信頼を回復してゆくには地道な積み重ねあるのみだと思います。
今、我々政権与党の議員は、あの4年8か月前の総選挙によって「国民のため日本のため、しっかり頑張れ」と再度自公政権にチャンスをもらった時の、新鮮でかつ純粋な政治に対する謙虚な思いや原点をもう一度噛みしめ、日々の活動に活かしてゆくことが肝要であると思っています。皆様方にはこれからもどしどしご意見を賜りご指導頂きますようよろしくお願いします。

 

さて、6月23日に終了した通常国会以降休会中でありますが、その間の活動につきましても、多少報告をさせて頂きます。6月下旬は東京都議会選挙の応援に出向きました。

 

私の担当は町田市選挙区の吉原候補。議員秘書の先輩であり前回はトップ当選の5期目の実績のある元自民党都連幹事長ですが、今回は大苦戦でした。最後の最後に当選はされましたが、都会の選挙の恐さを思い知らされました。

 

7月6日からはポーランドへ「『神宿る島』 宗像・沖ノ島と関連遺産群」の世界遺産登録に向けたユネスコ世界遺産会議に行って参りました(詳細のレポート!)。地元の文化遺産が世界から評価を受け世界遺産に登録されたことは本当に喜ばしいことであり、今回の要請活動に参加できたことはこの上ない幸せでありました。

 

ポーランドのユネスコ会議場の宮内
ポーランドのユネスコ会議場にて、葦津宮司と

 

7月から8月にかけては、地元のあらゆるところで山笠を始め地域の夏祭りが数限りなく行われました。毎晩ビールと焼鳥とヤキソバの日々です。そして多くの方々から「おい! 安倍内閣は大丈夫か! しっかり頑張らないかんよ!」とのお声を頂き、厳しい空気を体感しました。現場の声を聞くことの重要性を改めて感じました。

 

須恵町の山笠で台上がりの宮内
須恵町の山笠で台上りをさせて頂きました。

 

そして、この休会中に経済の実態を把握したいと思い、なるべく地元の企業を訪ね、直接視察させてもらいました。

 

粕屋地区においても宗像地区においても、例えば半導体の金型や稀な素材の加工など、素晴らしい技術を持った、まさに匠の技の中小企業が数多くあります。

 

それらの企業を訪ねると、日本経済の変化に対応すべく新しい研究や挑戦についてさまざまな努力をし頑張っておられます。それらの経営者の方々は「景気全般は決して悪くなく、仕事自体はある。しかしながら人手不足が顕著であり、特に若い技術者がなかなか定着してくれなくて困る。」と一様に頭を悩ませておられました。

 

地元企業を視察する宮内地元企業を視察する宮内
地元経営者の創意工夫や情熱を目の当たりにしました!

 

現実的にアベノミクスが本格的になってきつつある予感は感じられます。現在、需要は膨らんでおり、人手不足もあり賃金が上がりつつあります。そしてそれに見合って販売価格の上昇を生み、デフレ解消傾向とともに本格的な景気回復につながるというキザシは出て来ているように感じます。

 

したがって重要なことはこの流れに水を差すことなく、政府は補正予算を今年中に組み、一層需要を作り出すことによって全体の景気高揚感を出してゆくことが重要だと思います。そのことが政府としても税収アップに繋ってゆくことになり、まさに好循環な経済社会になってゆくのではないでしょうか。経済の現場からもそのようなことを実感する視察でありました。

 

また、選挙区内の医療や介護施設も訪ねさせて頂きました。
高齢化社会の進行に伴い多様なサービスを提供するため、さまざまな工夫をし、丁寧に懸命に対応している現場の皆様方の姿には頭が下がります。

 

こちらでも人手不足問題が深刻のようでした。外国人の雇用についても話題にのぼり、しっかりと受け止めて議論をする必要性を改めて感じました。

 


 
介護の現場で介護ロボット体験

 

臨時国会は9月下旬から開かれる予定であります。
残された期間でヨーロッパや中国への出張も考えており、休会中だから出来る活動を精力的に行ってゆきたいと考えております。

 

ところで、臨時国会が始まればメディアは安倍内閣に対する批判を強めると同時に解散総選挙を巡る報道に拍車がかかってきます。解散の時期は臨時国会終盤か来年の通常国会(1~6月)冒頭か会期末と言う限られたタイミングになるのではないかと思われます。

 

いずれにしても次の選挙は当選以来の活動の評価が下されるわけでありますから、そのことを十分意識しながらしっかり活動してゆきたいと思っておりますので、引き続きご指導くださいますようお願いします。

 

まだまだ暑い日が続きますが、ご自愛ください。      

衆議院議員宮内署名

 

【ご報告】
この度、8月22日付で「自由民主党 副幹事長」に就任することとなりました。これも偏に皆様のご支援の賜と思っております。二階幹事長の下、一層気を引き締め党勢拡大や国の発展に努めたいと思いますので、これからもご指導ご鞭撻をお願いします。

一番上へ戻る