宮内ひでき

職業
国会議員
所属
衆議院
選出
福岡県
宮内ひでき

活動報告

JAむなかた パッケージセンター集出荷貯蔵施設 視察

昨日、JAむなかたのパッケージセンターの視察に行って参りました。この施設では、この時期は主に苺を地元の農家から集荷してサイズや形によって選別し、パック詰めして出荷する作業が行われておりました。JAむなかたが販売力の向上の為に2020年より本格稼働させている施設であり、私も開設までに様々なサポートをさせて頂きましたので、今後の事業展開に大変期待をしております。

センター外観。JAむなかた横のグラウンドに建てられました

農作物を作り出荷するまでの過程では、パック詰めの作業に想像以上に多くの労力と時間がかかります。特に苺はその傾向が強く、パック詰めから出荷までの工程をここで請け負う事により、生産者の皆さんには栽培・生産に専念してもらい、品質や収量の向上を目指そうというものです。

集められた苺が手作業で分別されてゆきます。施設では約80名の方々が作業を行っており、雇用創出という意味でも貢献しています
苺の箱が山積みですが、最盛期はこの程度ではないそうです
施設内は農作物の品質保持のため低温に保たれていています。宗像市の協力も得て、新型コロナ対策も万全です

苺は売値が安定して高めで、ふるさと納税の返礼品としても大変な人気があります。JAむなかたとしては、この施設によって更なる品質向上と生産拡大を進めると共に、新たな販路拡大や加工品への取り組みなどで更に付加価値を高めていこうと、意欲的に取り組んでいました。また、苺のシーズン以外でも活用できるよう研究を進めて、1年を通して様々な農産物を扱ってゆきたいとの意欲が満々であります。

ちょうど生産者さんが納品にいらっしゃいました

消費者には良質な地元産の農作物が手に入り、生産者の皆さんの経営も安定し経済的に潤っていく。その様な好循環がどんどん生まれていくよう期待し、私も全面バックアップしたゆきたいと思っています。

一番上へ戻る