宮内ひでき

職業
国会議員
所属
衆議院
選出
福岡県
宮内ひでき

政治活動

政治家としてのスタートの瞬間

年の瀬せまる12月20日今林久 自民党福岡県連幹事長より「自民党福岡県連、あなたを福岡4区支部長として党本部に推薦します。」との電話をもらった。

推薦願いを出してから約半年後の吉報に一瞬何が起こったのか冷静に受け止めがたく一呼吸おいて「ホッ」とした気持ちが急に湧いて出てきた。

これは、まさに長い人生の中でも何度も経験しない忘れられない瞬間なんだろう。

早速次の日、自民党県連において武田会長、今林幹事長の同席の下、記者会見に臨んだ。自分にとってたくさんのテレビカメラの前での会見は人生で初めてのことで我ながらすご~く緊張した。多分凄まじいくらいの瞬きだったろう。

人前で話をすることは嫌いではない自分だがテレビカメラのスポットライトが早く消えないかとさえ思った。

当日の夜、1人自宅でテレビニュースに映る会見の様子を観たが、緊張している自分と、想像以上に老けて見えた姿に多少のショックとスゲェ感動を覚えた。

Movie随時更新 ミヤウチューブ

無電柱化推進法案の提出者を代表して趣旨説明を行いました。

2016年12月2日 「無電柱化法案」を、超党派の議員立法として提出しました。宮内が本日の国土交通委員会で法案の趣旨説明を行い、全会一致で可決されました。
今後は衆議院本会議と参議院の本会議で可決されれば、無事法案成立です。

 

※無電柱化について

道路上の電線・電柱は景観を損なうだけではなく、歩行者や車いすの通行の妨げとなり、地震などの災害時には電柱が倒れるなど、防災上の危険も伴います。

今回の法案は、その災害の防止、安全・円滑な交通の確保、良好な景観の形成等を図ることが目的です。

我が国の無電柱化率は欧米の主要都市やアジア各国の都市と比べても極めて低い状況にあり、今後のよ

り一層の努力が必要です。

 

参考:
道路:無電柱化の推進 – 国土交通省
http://www.mlit.go.jp/road/road/traffic/chicyuka/

一番上へ戻る