宮内ひでき

職業
国会議員
所属
衆議院
選出
福岡県
宮内ひでき

政治活動

覚悟の瞬間

1月18日、午前11時、自民党本部4Fの副総裁室に呼ばれ、大島副総裁、河村選対委員長の面談を頂き、正式に自民党福岡4区支部長に選任され、次期衆議院選挙の候補予定者として承認してもらった。

「選挙に絶対に勝って上がってこい。一緒に日本の為に頑張ろう」との副総裁の言葉に背筋がピンとなり、とてもとても気合が入った。その後、谷垣総裁や石原幹事長とも写真を撮ってもらい、「本当に本物の候補者になるんだ」という実感と「これからは中途半端な甘えは許されないぞ」という覚悟とともに、脇の下や背中から汗が噴きだして来た。

有権者にしっかり理解してもらうよう努力し、必ずバッチを付け、国民から信頼され、責任ある政治を実行出来るような政治家になれるよう、今までの経験を活かし、もちろん人生を懸けて全力で頑張るよう誓った。

Movie随時更新 ミヤウチューブ

無電柱化推進法案の提出者を代表して趣旨説明を行いました。

2016年12月2日 「無電柱化法案」を、超党派の議員立法として提出しました。宮内が本日の国土交通委員会で法案の趣旨説明を行い、全会一致で可決されました。
今後は衆議院本会議と参議院の本会議で可決されれば、無事法案成立です。

 

※無電柱化について

道路上の電線・電柱は景観を損なうだけではなく、歩行者や車いすの通行の妨げとなり、地震などの災害時には電柱が倒れるなど、防災上の危険も伴います。

今回の法案は、その災害の防止、安全・円滑な交通の確保、良好な景観の形成等を図ることが目的です。

我が国の無電柱化率は欧米の主要都市やアジア各国の都市と比べても極めて低い状況にあり、今後のよ

り一層の努力が必要です。

 

参考:
道路:無電柱化の推進 – 国土交通省
http://www.mlit.go.jp/road/road/traffic/chicyuka/

一番上へ戻る