宮内ひでき

職業
国会議員
所属
衆議院
選出
福岡県
宮内ひでき

ブログ

特別支援学校を訪問しました。

2つの特別支援学校を視察

7月4日、選挙区内にあります福岡県立の特別支援学校2校を訪ねて参りました。

古賀特別支援学校

先に訪問したのは知的障害及び病弱の児童・生徒の小・中・高校である古賀特別支援学校であります。

P1210075

児童生徒数は310名、教職員数140名という大規模なもので、社会生活に必要な基本的な生活習慣や能力を育成し、自立のための実践教育が懇切丁寧に行われていました。
P1210092

実に明るい空気感の中でそれぞれの前向きな意欲を自然に引き出してゆくような環境づくりに努力されておりました。また、クラスをきめ細かく分け個別に丁寧な指導体制をつくるとともに、それぞれをチーム分けし、大勢のグルーピングでの授業も出来るような工夫の中で態度やマナーを教えていました。

福岡県立特別支援学校

その後訪問したのは同じく福岡県立の肢体不自由な生徒・児童を中心とした専門的な学校である福岡県立特別支援学校であります。

P1210112
生徒・児童数は125名で多くは車いすでの生活だったり、たんの吸引が常時必要な医療的ケアが必要であるような状態の中で教育を行う社会福祉の最先端の現場であります。教職員は一人一人の個性と障害に応じた、まさに生きる力を培う教育の実践を生き生きとやっています。

P1210100

校長先生からは「肢体不自由教育には、特別な専門性が求められたり経験が重要であるが、教員が高齢化しており、初任者及び転任者のための研修が必要である。」との指摘がありました。いわゆるヒヤリハットに注意を図らなければいけない学校現場のご苦労を痛感致しました。早速、福岡県の担当者には速やかな対応をお願いしました。

P1210136
「日本国憲法第26条にすべての国民は、法律の定めるところにより、その能力に応じて等しく教育を受ける権利を有する・・・・」と記されています。特別支援学校は日本の国の力をしっかり反映させるべき、大切な大切な現場でありました。

Movie随時更新 ミヤウチューブ

無電柱化推進法案の提出者を代表して趣旨説明を行いました。

2016年12月2日 「無電柱化法案」を、超党派の議員立法として提出しました。宮内が本日の国土交通委員会で法案の趣旨説明を行い、全会一致で可決されました。
今後は衆議院本会議と参議院の本会議で可決されれば、無事法案成立です。

 

※無電柱化について

道路上の電線・電柱は景観を損なうだけではなく、歩行者や車いすの通行の妨げとなり、地震などの災害時には電柱が倒れるなど、防災上の危険も伴います。

今回の法案は、その災害の防止、安全・円滑な交通の確保、良好な景観の形成等を図ることが目的です。

我が国の無電柱化率は欧米の主要都市やアジア各国の都市と比べても極めて低い状況にあり、今後のよ

り一層の努力が必要です。

 

参考:
道路:無電柱化の推進 – 国土交通省
http://www.mlit.go.jp/road/road/traffic/chicyuka/

一番上へ戻る