宮内ひでき

職業
国会議員
所属
衆議院
選出
福岡県
宮内ひでき

ブログ

物流事業者の新しい挑戦-大規模冷蔵倉庫の新設-

1月15日、さいたま市で新たに完成した(株)ヒューテックノウリン社の冷蔵倉庫を視察し、また竣工式典では祝辞を述べさせていただきました。
ヒューテックノウリン社竣工式視察写真

この冷蔵倉庫は、国内最大級の冷蔵能力7万トン、みかん箱換算で年間1億ケースもの規模を誇り、110億円の投資であるとのことです。

ヒューテックノウリン社竣工式視察写真

 

時代に合わせて常にイノベーションを繰り返す物流の現場

創業者の松田会長が40年前にわずか10坪の冷蔵倉庫からこの事業をおこしたそうで、物流の現場で日本の経済・社会を下支えしてこられたご努力に本当に敬意を払いたいと思いました。

 

また、この冷蔵倉庫は機能面でも全面的に自動化することにより、人がマイナス30度以下の冷凍内で働く必要がなくなるなど、省力化や職場環境の大幅な改善を進め、効率的な荷捌きを実現しており、新しい時代を切り開くような予感が致しました。

 

さらには、脱フロンを実現した冷却装置の採用や、複数顧客の荷物の共同配送など、国土交通省が今後進める物流施策の方向性、すなわち「効率的な物流の実現」、「労働力不足への対応」、「環境への配慮」の模範となる倉庫でありました。

 

関連法案提出を前にして

この通常国会には、まさにこのような物流施策を推進するための法案が提出される予定ですので、成立に向けてしっかりと取り組んで参ります。本年は新しい時代を切り開くプレーヤーとしての、多くの民間企業の力強い挑戦を大いに期待したいと思います。

ヒューテックノウリン社竣工式視察写真

Movie随時更新 ミヤウチューブ

無電柱化推進法案の提出者を代表して趣旨説明を行いました。

2016年12月2日 「無電柱化法案」を、超党派の議員立法として提出しました。宮内が本日の国土交通委員会で法案の趣旨説明を行い、全会一致で可決されました。
今後は衆議院本会議と参議院の本会議で可決されれば、無事法案成立です。

 

※無電柱化について

道路上の電線・電柱は景観を損なうだけではなく、歩行者や車いすの通行の妨げとなり、地震などの災害時には電柱が倒れるなど、防災上の危険も伴います。

今回の法案は、その災害の防止、安全・円滑な交通の確保、良好な景観の形成等を図ることが目的です。

我が国の無電柱化率は欧米の主要都市やアジア各国の都市と比べても極めて低い状況にあり、今後のよ

り一層の努力が必要です。

 

参考:
道路:無電柱化の推進 – 国土交通省
http://www.mlit.go.jp/road/road/traffic/chicyuka/

一番上へ戻る