宮内ひでき

職業
国会議員
所属
衆議院
選出
福岡県
宮内ひでき

ブログ

年初に思う

昨年末には、政治家としてのスタートを切ることが決定し、清々しくもあり想像もしないような困難に遭遇するのではないのだろうかという不安もあり、神経のどこかがピーンと張りつめたような思いの中2012年の初日の出を、福岡7:00発の機内より拝んだ。

さて、今 日本の政治に求められているのは、何はともあれ民主的プロセスの中で知恵をしぼり、妥協であれ説得であれそれぞれの課題に対し一つ一つきっちり結論を出してゆくことである。ちゃんと問題解決をすることである。

そのためには、与野党間においても国民に対しても誠意を持って正直に語りかける事が大切である。そもそも政治とは地道に積み重ねる作業の連続である。

そして、政治家にはメンツや“政局的なる悪魔”を排除すべき時は空気を読み大局的に判断する度量を持って国民生活に直結する問題に責任ある結論を出してほしい。

本年は日本の政治が少しでも前進していると実感できる年にしないとこの国の政治は大混乱に陥り取り返しがつかないことになるような気がしてならない。

政治家もメディアも官僚も経済界も力を合わせてこの国の将来を大局的に考えないと・・・。

Movie随時更新 ミヤウチューブ

無電柱化推進法案の提出者を代表して趣旨説明を行いました。

2016年12月2日 「無電柱化法案」を、超党派の議員立法として提出しました。宮内が本日の国土交通委員会で法案の趣旨説明を行い、全会一致で可決されました。
今後は衆議院本会議と参議院の本会議で可決されれば、無事法案成立です。

 

※無電柱化について

道路上の電線・電柱は景観を損なうだけではなく、歩行者や車いすの通行の妨げとなり、地震などの災害時には電柱が倒れるなど、防災上の危険も伴います。

今回の法案は、その災害の防止、安全・円滑な交通の確保、良好な景観の形成等を図ることが目的です。

我が国の無電柱化率は欧米の主要都市やアジア各国の都市と比べても極めて低い状況にあり、今後のよ

り一層の努力が必要です。

 

参考:
道路:無電柱化の推進 – 国土交通省
http://www.mlit.go.jp/road/road/traffic/chicyuka/

一番上へ戻る