宮内ひでき

職業
国会議員
所属
衆議院
選出
福岡県
宮内ひでき

ブログ

九州旅客鉄道株式会社(JR九州)の上場について国会にて質問

国土交通委員会で今国会初の質問は、地元に欠かせない鉄道会社、JR九州の上場に関して

本日、国土交通委員会において今国会で初めての質問を行いました。内容はJR九州の完全民営化のための上場を可能にする法律改正です。特に私の選挙区は、JR鹿児島本線、篠栗線、宇美線と3本もの路線が通っており、駅は20か所という住民にとってはJRとは切っても切れない地域であります。

宮内秀樹、国土交通委員会での質問風景

JR九州はこれまでの企業努力により安定し自立した経営基盤を確立したことで、今後は上場し、今まで以上に経営の自由度を高め、資本力を強化し、一層九州経済を牽引してもらいたいと思っています。また、特に駅を中核とした街づくりに積極的に関与し地域の発展に協力をしてもらいたいと思っています。そういう観点から太田国土交通大臣と参考人でありますJR九州青柳社長に対し30分間の質問を致しました。

 

宮内秀樹、国土交通委員会での質問風景

 

JR九州に対する期待

質問の中でH22年に新設した糟屋郡新宮町にある新宮中央駅は、街を大きく変え人口が急増するなど進化発展した、という生きた事例を紹介し、『街づくりの核は駅で、駅を中心とした街づくりにこれからは一層大いに関わって、地域とJRのお互いの取り組みが住民の利益に繋がるよう努力してもらいたい。』との意見を強調致しました。また、赤字路線を最大限路線維持した上で企業努力による新しい地方創生の起爆剤となってもらうよう強く期待したいと思っています。本日は質疑の未採決が行われ賛成多数で可決いたしました。来週には衆議院本会議にて成立の上、参議院に送付される予定です。

 

久しぶりの質問でありましたので少し緊張してしまいましたが、用意していたものはほぼ発信できたかなと思います。これからも機会をどんどん見つけて質問して参ります。

一番上へ戻る