宮内ひでき

職業
国会議員
所属
衆議院
選出
福岡県
宮内ひでき

ブログ

久しぶりの我ふるさと松山にて感じました

先日、我ふるさと四国松山へ、地元 粕屋郡の町議会議員の方々の視察に同行し、「坂の上の雲の歴史の探索」と、それを生かした「観光事業への取り組み」について勉強をして参りました。

ボランティアガイドの方の2日間に及ぶ献身的な市内観光のご案内(まったくのサービス)と松山市の幹部職員の熱意あるお話を聞き、それらの方々の松山への誇りとおもてなしの愛情ある懸命な姿に、ご当地松山への思いに対してすごく心を惹かれました。とっても有意義な研修でありました。

また、今回、私にとっては私自身の原点であり、秋山真之や正岡子規も生んだ松山東高校(出身校)内にある旧藩校の明教館の建物へ33年ぶりに訪ねる機会を頂きました。館内にあるたくさんの偉人の肖像画を見るにつけ、功績ある先人(先輩)のすさまじい情熱や背負いや志を改めて感じ、これからの我人生に、もう一段高い次元の心構えを持つよう告げられたような気が致しました。

我ふるさと、我学び舎は、計り知れない財産ですね。心の中で大切に大切に頑張る糧にしたいと思います。

Movie随時更新 ミヤウチューブ

無電柱化推進法案の提出者を代表して趣旨説明を行いました。

2016年12月2日 「無電柱化法案」を、超党派の議員立法として提出しました。宮内が本日の国土交通委員会で法案の趣旨説明を行い、全会一致で可決されました。
今後は衆議院本会議と参議院の本会議で可決されれば、無事法案成立です。

 

※無電柱化について

道路上の電線・電柱は景観を損なうだけではなく、歩行者や車いすの通行の妨げとなり、地震などの災害時には電柱が倒れるなど、防災上の危険も伴います。

今回の法案は、その災害の防止、安全・円滑な交通の確保、良好な景観の形成等を図ることが目的です。

我が国の無電柱化率は欧米の主要都市やアジア各国の都市と比べても極めて低い状況にあり、今後のよ

り一層の努力が必要です。

 

参考:
道路:無電柱化の推進 – 国土交通省
http://www.mlit.go.jp/road/road/traffic/chicyuka/

一番上へ戻る