宮内ひでき

職業
国会議員
所属
衆議院
選出
福岡県
宮内ひでき

ブログ

『暑中お見舞い申し上げます。』

去年の8月8日に、当時の野田総理が三党協議の中で「近いうちに解散」と口約束を
してから、ちょうど丸一年が経ちました。

ご承知のようにこの一年で、日本の政治を取り巻く環境は驚くほど激変しました。お
陰様で与党自民党は、衆院選に続き参院選でも皆様の支持を頂き、不健全な“捻れ”
を解消出来ましたこと、改めて御礼申し上げます。

これからは、安倍総理の強いリーダーシップの下、一致団結して「決められる政治」
を進めて参ります。

我々はいただいた、安定した政治体制の下、いよいよ腰を据えて仕事に専念いたしま
す。被災地の復興をはじめ、消費税増税、TPP交渉、日米関係、日中・日韓関係、
教育再生、高齢者医療と福祉の充実・・と、問題は山積しています。

驕ることなく、有権者の皆さんや野党の方々のご意見やご批判に真摯に耳を傾けなが
ら、充分に議論を尽くし、この国の政治を一歩ずつ確実に前へ進めて参りますので、
ご支援のほど宜しくお願いします。

これから、まだまだ暑い日が続きますが、皆様には、こまめに水分・塩分補給をし
て、この厳しい夏を元気に乗り切って下さい。
古賀の海

※古賀の海

Movie随時更新 ミヤウチューブ

無電柱化推進法案の提出者を代表して趣旨説明を行いました。

2016年12月2日 「無電柱化法案」を、超党派の議員立法として提出しました。宮内が本日の国土交通委員会で法案の趣旨説明を行い、全会一致で可決されました。
今後は衆議院本会議と参議院の本会議で可決されれば、無事法案成立です。

 

※無電柱化について

道路上の電線・電柱は景観を損なうだけではなく、歩行者や車いすの通行の妨げとなり、地震などの災害時には電柱が倒れるなど、防災上の危険も伴います。

今回の法案は、その災害の防止、安全・円滑な交通の確保、良好な景観の形成等を図ることが目的です。

我が国の無電柱化率は欧米の主要都市やアジア各国の都市と比べても極めて低い状況にあり、今後のよ

り一層の努力が必要です。

 

参考:
道路:無電柱化の推進 – 国土交通省
http://www.mlit.go.jp/road/road/traffic/chicyuka/

一番上へ戻る