宮内ひでき

職業
国会議員
所属
衆議院
選出
福岡県
宮内ひでき

活動報告

「福岡刑務所」、更生保護施設「恵辰会」を視察

矯正・更生保護施設を見学

矯正・更生保護施設を自民党福岡県選出の代議士有志4人で視察しようということになり、9月7日、我が選挙区の宇美町にあります福岡刑務所と、須恵町にある更生保護施設恵辰会を訪ね、現地の生の声を聞いて参りました。
20150907_135430

独特な雰囲気の福岡刑務所

福岡刑務所は現在、男性のみの約1900人が収容されており、平均年齢は50歳前後、平均刑期は3年半となっております。独居室と雑居室があり、昼間は袋作りなどの軽作業や機械の分解などの仕事をもくもくと行わせるなど、やはり独特の空気感の中で刑期を過ごさせておりました。また溶接や建設機械などの資格取得のための職業訓練をしたり、ハローワークとの連携など、出所後の就労支援についても積極的な事業を行っているようでした。

 

しかしながら国の予算の関係上、昭和40年に出来た老朽化した施設の改築工事が半分しか進んでいないところで平成25年から計画が止まっており、中途半端な状態であります。財政は厳しい状況ではありますが、メドを立ててしっかり完成させなければならないと思いました。
20150907_141248

刑期終了後の社会復帰を支援する更生保護施設

次にお訪ねした恵辰会は、刑期を終えた受刑者がスムーズに社会復帰出来るように、家族等受入れ先のない人々が仕事や住居を探すまでの間に受け入れるホームであります。
20150907_150603
2か月くらいの期間内に協力企業等で勤務体験を行い、社会復帰が少しでもスムーズに果たせるよう生活環境を提供し、自立してゆくためのサポートをする事業を行っております。開設者や土地提供者が私財を投じて開設した善意が原点の厚生施設であります。地域とも自然な形で連携がなされておるようです。

 

受刑者の矯正・更生の現場における裏方の努力に触れる

付加価値の高い豊かな成熟社会としての矯正・更生事業の現場は、たくさんの関係者の善意や努力によって成り立っておりました。そして、人間の尊厳を大切にするとともに、個人がしっかり自立することを基本にした社会をつくることの大切さを改めて感じました。
20150907_151558

Movie随時更新 ミヤウチューブ

無電柱化推進法案の提出者を代表して趣旨説明を行いました。

2016年12月2日 「無電柱化法案」を、超党派の議員立法として提出しました。宮内が本日の国土交通委員会で法案の趣旨説明を行い、全会一致で可決されました。
今後は衆議院本会議と参議院の本会議で可決されれば、無事法案成立です。

 

※無電柱化について

道路上の電線・電柱は景観を損なうだけではなく、歩行者や車いすの通行の妨げとなり、地震などの災害時には電柱が倒れるなど、防災上の危険も伴います。

今回の法案は、その災害の防止、安全・円滑な交通の確保、良好な景観の形成等を図ることが目的です。

我が国の無電柱化率は欧米の主要都市やアジア各国の都市と比べても極めて低い状況にあり、今後のよ

り一層の努力が必要です。

 

参考:
道路:無電柱化の推進 – 国土交通省
http://www.mlit.go.jp/road/road/traffic/chicyuka/

一番上へ戻る